レシピ

レシピ「ロシア風ポテトサラダ」

「ロシア風ポテトサラダ」の作り方
ロシアの食卓(ロゴスキーオンラインショップ)の「冷凍 ビーツ」を使って作れる色鮮やかなピンク色の「ロシア風ポテトサラダ」です。
材料
<材料/目安5~6人分>
●ジャガイモ・・・3個~4個(500g)
●玉ねぎ 1/4個・・・スライスをさらに細かくみじん切り
●ピクルス 50g・・・ みじん切り (または市販のタルタル用のみじん切りピクルス)
●マヨネーズ・・・たっぷりお好みで
●塩・・・ 適宜
●コショウ・・・ 適宜
●乾燥ディルまたは生ディル・・・少々(なくてもOk)
●冷凍ビーツ1/2袋(50g)
ポテトサラダを作るときと同じように、ジャガイモは茹でて、熱々のうちにつぶします。
熱々のジャガイモをつぶしたところへ、すべての材料を入れます。マヨネーズは最初少なめに入れ、味を見ながら調整して下さい。
あとはよく混ぜて・・・
出来上がり!
冷凍ビーツは、完全解凍する必要はなく、パキパキ折って凍ったまま混ぜても、ジャガイモの熱に溶かされるので大丈夫です。 すぐきれいなピンクのポテトサラダになります。ビーツの色鮮やかなピンク色は、まるで花を飾っているかのように、食卓を華やかに彩ります。
ビーツについて
自家栽培のビーツを使用
ロゴスキーのビーツは、自然豊かな山の中、長野の菅平高原で栽培しています。標高1,300m以上の菅平高原。夏の平均気温は約19℃と涼しく、冬は-20℃なんて日も。 冬の粉雪と白樺の木。澄んだ空気と降り注ぐ太陽の恵み。ロシアの気候に近いこの菅平は、ビーツ作りにこの上ない環境です。
〉ロゴスキーのビーツ畑の記事はこちら

ビーツとは
ロシア料理にとって欠かせない食材がビーツです。日本ではあまり馴染みのない野菜ですが、ロシアではどこのスーパーに行っても山積みになったビーツが売られています。買うときもバラでは買わずキロ単位です。そんな大量に買ったビーツを日常的に使いきれるくらい、ロシア料理はビーツをよく使います。 ビーツには、ビタミン、鉄分、カリウム、マグネシウム、食物繊維が多く、さらにビーツの赤色はポリフェノールも含まれています。その栄養価の高さから、「飲む血液」「食べる天然輸血」といわれ、スーパーフードとして世界中で注目されている食材です。


ご利用案内
  • 今日
  • 定休日
  • 商品発送日

ご利用ガイド

-ご注文について-


-発送について-


-送料について-

ショップ情報

-レストラン-


-催事出店-

ページトップへ